「MBS アニメフェス2014」が10月11日、大阪城ホールで開催され、これまでにMBSで放送された人気アニメの夢の競宴に1万人が酔いしれた。同時に、全国約100か所の映画館でライブビューイングを実施。約2万人が参加した。

(只摘錄Linked Horizon/Sound Horizon部份)

2014-10-12-102021.jpg

「進撃の巨人」パートは梶裕貴(エレン・イェーガー役)、石川由依(ミカサ・アッカーマン役)の生アフレコでスタート。透過性スクリーンを用いた特殊な立体映像演出により、ライブ会場は作品の世界観の中にひきこまれた。そして、生アフレコパートの最中、リヴァイ役の神谷浩史が突如サプライズ登場し、会場は大歓声の渦に。さらにその後には、振り落とされた巨大スクリーンの奥から、Linked Horizonが姿を現し、オープニング曲の「紅蓮の弓矢」「自由の翼」、Sound Horizon名義での新曲「よだかの星」を披露し、観客を盛り上げた。

すべてのアニメパートの終了後には、出演したキャストが勢ぞろいし、全員から観客に最後の挨拶。最後はキャスト、観客も一体となって全員で「MBSアニメフェス」とコールし、キャノン砲から放たれた銀テープが会場を舞う中、大阪城でのアニメの祭典は幕を閉じた。