「TGS2006」のメインステージにて、ELEVEN-UP(イレブンアップ)が運営するPC用MMORPG『ベルアイル』のライブイベント「第一次領土拡大遠征外伝―幻想楽団 上世界降臨―」が行われた。

 このイベントでは、『ベルアイル』とタイアップしているアーティスト集団「Sound Horizon」が登場。同作のタイアップ曲「神々が愛した楽園」が収録されている最新マキシシングル「少年は剣を…」の収録曲「終端の王と異世界の騎士」、「緋色の風車(ムーラン・ルージュ)」、「神々が愛した楽園」の3曲が演奏された。

 「物語性が盛り込まれた音楽」という新たなジャンルを開拓し、多くのファンを持つ「Sound Horizon」だが、「TGS2006」にはもちろん今回が初登場。「Sound Horizon」の領主・Revo(レヴォ)氏によると、イベント名の通り「幕張を領土にするつもりで参りました」とのこと。
 この言葉を証明するように、ライブには「Sound Horizon」のメンバーからRevo氏をはじめ、ナレーションのJimang(じまんぐ)氏、ボーカル・コーラスのYUUKI(ゆうき)さん、KAORI(かおり)さん、REMI(れみ)さん、ギター&バンドマスターの斉藤“Jake”慎吾氏、バイオリンのハナコさんと、そうそうたる布陣が登場。「全国から「TGS2006」に来た「Sound Horizon」を知らない人間に、刷り込みをしてやろう!」というJimang氏のセリフの通り、イベントホールに力強い演奏が響き渡った。
 また、『ベルアイル』とのタイアップ曲となる「神々が愛した楽園」は、歌姫としてRIKKIさんがボーカルを担当。このRIKKIさんは『ファイナルファンタジーX』の主題歌「素敵だね」を歌っているため、知っているゲームファンも多いのではないだろうか。ライブのラストナンバーとして唄われた「神々が愛した楽園」も、「素敵だね」と同じようにしっとりとした曲調となっており、その歌声に多くの観客が聴き入っていた。

 なお、マキシシングル「少年は剣を…」は10月4日に発売を予定。「TGS2006」の会場に聴きに行けなかったという「Sound Horizon」のファンは、発売を楽しみに待っていよう。

14266_20060924_tgs12_soundhorizon_01.jpg
14266_20060924_tgs12_soundhorizon_02.jpg

「TGS2006」メインステージで行われた「Sound Horizon」のライブイベント「第一次領土拡大遠征外伝―幻想楽団 上世界降臨―」。領土拡大のためのライブということで、楽曲には軍馬のいななき、ひづめが大地をたたく音といったSEが盛り込まれていた。

14266_20060924_tgs12_soundhorizon_03.jpg
14266_20060924_tgs12_soundhorizon_04.jpg
14266_20060924_tgs12_soundhorizon_05.jpg

ミニライブで唄われた楽曲は、マキシシングル「少年は剣を…」に収録された「終端の王と異世界の騎士」、「緋色の風車(ムーラン・ルージュ)」、「神々が愛した楽園」の3曲。それぞれ物語性あふれる楽曲となっており、まさに“演唱”と呼ぶにふさわしいライブだった。