2006年6月18日、渋谷O-Eastにて行われた、幻想楽団“Sound Horizon”のライブは3時間を超える大盛り上がりをみせた。
 定刻を少し過ぎ、落とされた客電。歓声の中からシルバーのロングコートを華麗に着こなしたREVOが登場するや否や、ボルテージは早くも最高潮となった。客席からREVOの愛用するギターが登場したり、JIMANGが語り部となり醸し出す一種のミュージカルのような雰囲気や、まったく異なった声色を持つ4人の歌姫が登場したりと、“Sound Horizon”の振り幅の大きさを目の当たりにする。
 第1の歌姫・YUUKI、第2の歌姫・KAORI、第3の歌姫はゲストの霜月はるか、第4の歌姫・REMI。4人4様の歌声を披露し、オーディエンスは飽きることなく、そのステージに魅了されていた。
 また、歌姫が登場する合間にはREVOがギターからアコーディオンにチェンジし演奏された「屋根裏の少女」や、拳を振り上げて“領民”が合唱した「薔薇の騎士団」、バンマスJAKEとのアコースティックギターデュオによる「蒼と白の境界線」なども披露された。
 最後は、REVO、JIMANG、歌姫4人とオーディエンスの合唱「Yield」で『第一次領土拡大遠征』の追加公演は幕を下ろした。会場が明るくなったとき、REVOはステージの真ん中からオーディエンスをひとりひとり確認するように、しっかりと会場を見渡した。そして、「楽しかったこの思い出を胸に、明日からもがんばってください。また会おう」と言い残し、穏やかにステージを去っていた。